09551
管理人ふざん日記

[ HOME日記TOP記事検索携帯用URL管理用 ]


2012/06/19(Tue) <添え書き(合作/作品)・・No.5>ふざん MAIL 

◎「不鼓自鳴」(うたずおのずからなる)・・・描画:T君、 添え字:ふざん
意味〜刺激を与えなくても自然に音声が現れること。仏の説法などの祝福すべきことがあった時、天の楽器が自然に音を出して音楽が流れる様。【天聖広灯録・宋】

◎「入泥入水」(どろにいりみずにいる)・・・描画:T君、 添え字:ふざん
意味〜泥の中に入って汚れ、水にもぐって濡れながら人を助けること。衆生済度のために、汚れた場所へ慈悲心を持って分け入って行くこと。【人天眼目・宋】






2012/06/16(Sat) <添え書き(合作/作品)・・・No.4>ふざん MAIL 

◎最近は時々、墨画と添え字の<合作/作品>制作をする。

◎下図は、T君の<獲物魚を捕まえたヤマセミ>描画と、管理人ふざんの<魚を捕まえたカワセミ>描画である。
◎それぞれに、「打破漆桶」と、「洗心日新」を添え字している。

  「打破漆桶」 (しっつうをだはす)見通しがまったくきかない迷妄状態を打ち破って、真理を見る眼が開けること。「漆桶」は黒いうるし入りの桶であり、光が入り込まない暗黒のことから、無知・迷妄の象徴に例えられる。【禅関策進・明】

「洗心日新」 (こころをあらえばひにあらたなり)
自分の心を洗い清めるよう心掛ければ、毎日毎日新鮮に迎えることが出来る。【御選語録・清】






2012/06/15(Fri) <花言葉〜「平安・威厳・高貴」>ふざん MAIL 

◎今日6月15日の誕生花は『たちあおい』であり、花言葉は「平安・威厳・高貴」であります。





2012/06/14(Thu) <万葉歌〜・鴨15>ふざん MAIL 

「葦の葉に 夕霧立ちて 鴨が音の 寒き夕し 汝をば偲はむ」
 <作者: 不明>

読み: 葦(あし)の葉に、夕霧(ゆふぎり)立ちて、鴨(かも)が音(ね)の、寒き夕(ゆふへ)し、汝(な)をば偲はむ
意味: 葦の葉に夕霧が立って、鴨の鳴く声が寒さを感じさせる夕べには、あなたを偲びます。






2012/06/13(Wed) <万葉歌〜・鴨14>ふざん MAIL 

「鴨すらも おのが妻どち あさりして 後るる間に 恋ふといふものを」
 <作者: 不明>

読み: 鴨(かも)すらも、おのが妻(つま)どち、あさりして、後(おく)るる間(あひだ)に、恋(こ)ふといふものを
意味: 鴨だって妻と食べ物を探していて、ちょっと後を遅れただけでも、恋しがるというのに。






2012/06/12(Tue) <万葉歌〜・鴨13>ふざん MAIL 

「葦辺行く 鴨の羽音の 音のみに 聞きつつもとな 恋ひわたるかも」
 <作者: 不明>

読み: 葦辺(あしへ)行く、鴨(かも)の羽音の、音(おと)のみに、聞きつつもとな、恋(こ)ひわたるかも
意味: 葦辺を飛んでゆく鴨の羽音を聞くように、うわさにだけ聞いて、あの人のことをしきりに恋するのでしょうか・・






2012/06/11(Mon) <万葉歌〜・鴨12>ふざん MAIL 

「葦鴨の すだく池水 溢るとも まけ溝の辺に 我れ越えめやも」
 <作者: 不明>

読み: 葦鴨(あしがも)の、すだく池水(いけみづ)、溢(はふ)るとも、まけ溝(みぞ)の辺(へ)に、我(わ)れ越(こ)えめやも
意味: 葦のあたりに集まっている鴨が騒いで池の水があふれたとしても、私は水路のほうに越えて行ったりはしませんよ。(心変わりをしませんよ)






2012/06/10(Sun) <ダウン症の女流書家・金沢祥子展>ふざん MAIL 

◎NHK大河ドラマ「平清盛」のタイトル文字でお馴染みになった【女流書家・金沢祥子の作品展覧会 】が、瀬戸内市立美術館で開催されているので、鑑賞に出向きました。

◎漢語を素材として、屏風作品を主流に力強いタッチで表現されており、洗練された線質は流石だなと感銘しました。






2012/06/09(Sat) <岡山空襲写真>ふざん MAIL 

◎今朝の山陽新聞に、岡山中心部(県庁通りー天満屋周辺)を撮影した新しい<終戦直後の写真>が公開されていました。

◎当時、岡山女子商業の教師をされていた河田一夫先生も、この光景を何度となく目に写していたことだろうなと思います。ひょっとすると、自転車に乗ってる人が河田一臼先生だったりして・・・!






2012/06/09(Sat) <万葉歌〜・鴨11>ふざん MAIL 

「我妹子に 恋ふれにかあらむ 沖に棲む 鴨の浮寝の 安けくもなし」
 <作者: 不明>

読み: 我妹子(わぎもこ)に、恋(こ)ふれにかあらむ、沖(おき)に棲(す)む、鴨(かも)の浮寝(うきね)の、安(やす)けくもなし
意味: あの娘に恋しているからでしょうか。沖に住む鴨が水面に浮かびながら寝ているように、(波に揺られて)落ち着かないのです。






2012/06/08(Fri) <花言葉〜「夢・童心」>ふざん MAIL 

◎今日6月8日の誕生花は『でいご』であり、花言葉は「夢・童心」であります。





2012/06/07(Thu) <合作・作品=No.3>ふざん MAIL 

◎T君のフクロウ描画に管理人ふざんの添え字「上無攀仰」である。

◎フクロウの顔面・容姿が達磨禅師を想像させるようであります。






2012/06/06(Wed) 合作・作品=No.2ふざん MAIL 

◎これも管理人ふざんとT君との合作・墨作品である。描画(T君ヤマセミ)は前日に描くので、薄墨液であり、文字(管理人ふざん書)のほうが濃くなっている。

◎「上無片瓦」の文字は小さくなりすぎたので、グラスのようなもので囲みました。


◎アマチュアである我々の制作はすべて一発勝負なのであります。
   と言えば格好いいですが、気楽に楽しんでいるということでしょう。






2012/06/05(Tue) <添え字〜添え画>作成ふざん MAIL 

◎先日以来、T君の<墨画>に私管理人が<添え字>をしたり、逆に私の<墨画>にT君が<添え字>をしてみている。
  先に<墨画>を描いて、字を添えるのである。<画>と<字>がマッチすればいいのだが、これが結構難しい。


◎下図の作品は、上が私の<フクロウ鳥墨画>に対してT君の<添え字「吹毛常磨」>であり、下がT君の<ぼたん花とヤマセミ鳥墨画>に対する私の<添え字「水中撈月」>である。

◎しばらくは、これを続けてみようと思う。何か得られるかも。






2012/06/04(Mon) <万葉歌〜・鴨10>ふざん MAIL 

「水鳥の 鴨の棲む池の 下樋なみ いぶせき君を 今日見つるかも」 <作者: 不明>

読み: 水鳥(みづとり)の、鴨(かも)の棲(す)む池(いけ)の、下樋(したび)なみ、いぶせき君を、今日見つるかも
意味: 鴨の棲む池の下樋が無いように、気持ちを流し去ることができなくて不安でどうしようもなかったのですけど・・そんな風に想っていたあなたに今日お会いできました。






2012/06/02(Sat) 花言葉〜ふざん MAIL 

◎今日6月2日の花は<ささゆり>であり、花言葉は 「清浄・上品」であります。







2012/06/01(Fri) 曽我英丘<書の造形>ふざん MAIL 

以前にも紹介しましたが、玉龍会長の曽我英丘氏は来年1月に開催予定の曽我英丘の世界ー星宿の空間 書の造形ーに向けて、お寺の本堂を拝借して懸命なる書作活動に打ち込んでおられる。

先日の5月30日に第2回目の訪問をさせてもらい、大雅仙紙4枚の大作揮毫されている現場を撮影させて頂いた。
相当に大きな台紙サイズであり、女学生の介添え人が手伝っておられた。

詳細な撮影内容は、<こちら(曽我英丘<書の造形>)(完了予定2013.01.20)からご覧下さい。

前項の<Jupiterの会展>と同じく、gooフォトチャンネル-による公開であります。







2012/05/31(Thu) 第4回Jupiterの会展〜鑑賞ふざん MAIL 

昨日5月30日は、岡山・天神山プラザに第4回Jupiterの会展を鑑賞に出向きました。
管理人の姉・黒住昌子を含む、女性4人グループの絵画展覧会です。一人10点以上の出品をされており、制作意欲の旺盛さに圧倒されました。
黒住昌子以外の出品者ご芳名は次の通りです。
    手島 規子   仲田 俊子   畑  勝美

詳細は<こちら>をご覧下さい。(画像編集簡便化のため、gooフォトアルバム使用しています)






2012/05/29(Tue) <万葉歌〜・鴨9>ふざん MAIL 

「埼玉の 小埼の沼に 鴨ぞ羽霧る おのが尾に 降り置ける霜を 掃ふとにあらし」
 <作者: 高橋虫麻呂(たかはしのむしまろ)歌集より>

読み: 埼玉(さきたま)の、小埼(をさき)の沼に、鴨(かも)ぞ、羽(はね)霧(き)る、おのが尾に、降り置ける霜を、掃(はら)ふとにあらし
意味: 埼玉の小埼の沼の鴨が、羽ばたいて水を飛ばしています。あれは、羽に降り積もった霜を払い落としているのですね。






2012/05/28(Mon) 添え書き・・・2ふざん MAIL 

◎T君描画作品への「添え書き」に再び挑戦した。前回より少しは「まし」になったでしょうか?





2012/05/27(Sun) 今日の花言葉=「愛」ふざん MAIL 

◎今日5月27日の花言葉は『 愛 』です。





2012/05/26(Sat) <添え書き〜>ふざん MAIL 

◎T君描画作品に、添え書きを挑戦しましたが、かなり難しいことがわかりました。





2012/05/25(Fri) <万葉歌〜・鴨8>ふざん MAIL 

「水鳥の 鴨の羽色の 春山の おほつかなくも 思ほゆるかも」 <作者: 笠女郎(かさのいらつめ)>

読み: 水鳥(みづとり)の、鴨(かも)の羽色(はいろ)の、春山(はるやま)の、おほつかなくも、思ほゆるかも
意味: 水鳥の鴨の羽の色のような春山みたいに、(あの人の気持ちが)はっきりしなくってもどかしく思うのです。






2012/05/23(Wed) <日限の縁日での書道パフォーマンス>ふざん MAIL 

◎岡山・大雲寺において、5月23日の日限の縁日イベントで<書道パフォーマンス>が行われるとのことで出向きました。
◎長年の岡山住まいですが、浄土宗の大雲寺門前や千日前イベント広場において、こんなに盛大な縁日イベントが開催されているとは知りませんでした。


◎5月23日の日限の縁日イベントでは、午前11時から<書道パフォーマンス>と銘打って、吉田綾舟さん(玉龍会会員)の大雲寺境内・揮毫が実演されました。
  詳細は<こちら=縁日書道パフォーマンス
(ほぼ完了)からご覧下さい






2012/05/22(Tue) <Jupiterの会展>ご案内ふざん MAIL 

◎今年度の<Jupiterの会展>(管理人の姉・黒住昌子出品)が下記の通り開催されます。ご都合のつく方はお出向き下さい。







2012/05/21(Mon) <万葉歌〜・鴨6>ふざん MAIL 

「外に居て 恋ひつつあらずは 君が家の 池に住むといふ 鴨にあらましを」
 <作者: 大伴坂上郎女(おおとものさかのうえのいらつめ)>

読み: 外(よそ)に居て、恋ひつつあらずは、君が家の、池に住むといふ、鴨にあらましを
意味: よそにいて、あなたを恋しているのなら、あなたの家の池に住んでいるという鴨になれればいいのに・・






2012/05/21(Mon) 日蝕=ふざん MAIL 

◎我家の庭から見た日蝕〜





2012/05/20(Sun) <花言葉「優雅な心」>ふざん MAIL 

今日5月20日の花の名は=<はなしょうぶ>

花言葉は「優雅な心」です。(スジャータ花言葉カレンダーより)






169件〜196件(全450件)
/→  2 | 3 | 4 | 5 | | 7 | | 9 | 10 | 11
<RSS>


無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace